374f646a394ec2037b2cfadafe820100?1603821345
山瀬理恵子のアス飯®︎日記

山崎さん一家が登場❗️

2021/11/24 00:08


つい先日放送されたばかりの


#ポツンと一軒家 に 


#愛媛新聞、#愛媛CATV 共同事業企画 「#愛媛食材で愛あるアス飯 #山瀬理恵子 の行ってこ〜わい」


第12回 #内子町 #ブルーベリー に出演された、山崎さん一家が登場❗️



行ってこ〜わい番組では、わざと『ポツンと一軒家風に』撮影、編集したものですが、本当にポツンと一軒家に選ばれた山崎さん一家❗️😆✨


奥村デスク(プロデューサー)からも連絡が来て


「山崎さん一家が本当にポツンと一軒家に選ばれた❗️」


と大騒ぎ❗️


やったーーーーー❗️(*≧∀≦*)


昨日、山崎さん一家が経営する高山ガーデンさんの公式Twitterから、私のTwitter、高山ガーデンさんをご紹介させていただいた投稿にいいねがついていました❗️


ポツンと一軒家の放送終了後、もの凄い反響のようで、問い合わせや注文が殺到し、完売が続出しているようです❗️


行ってこ〜わいチームが作った番組もシェアの一部を担っていてくれていたとしたら最高に嬉しく思います😆✨


梅雨の合間を縫って向かったのは内子町大平のブルーベリー園。山中にある一軒家が集合場所だ。国道380号から、唯一の目印、遍路道入口の案内表示に従い、舗装された細い道を進む。山を切り開いた場所にポツンとたたずむ家から、あるじの山﨑英さん(63)一家が出迎えてくれた。


【内子の山中でブルーベリーを無農薬栽培】


 四輪駆動車に乗って少し離れた農園に移動。車体をぐわんぐわんと揺らしながら山道を抜けると、視界が開けブルーベリー園が見えてきた。


開墾したのは17年ほど前。英さんは自衛隊を経て全国転勤の会社に勤める中、家庭の都合で帰郷。実家は代々林業を営んでおり、所有する山で何かできないかと考え、たどり着いたのがブルーベリーだった。雑木林を伐採し道を造成し、妻の加代さん(61)と二人三脚で作り始めた。現在は次男の直さん(26)も加わり3人で作業にいそしんでいる。


無農薬栽培ゆえ除草も虫の駆除も手作業。天敵はカメムシで、見つけると1匹ずつ根気よく取り除く。収穫も手摘み。食べ頃を見極めて丁寧に取っていく。園地には35品種500本を植えており、収穫は時期をずらしながら6月下旬~9月ごろまで続く。


「収穫予定だったものが大雨で全部駄目になった」


と言うものの、木には大きな実が連なっている。軸の根本まで紫色になっているものが食べ頃という。


品種によって甘みや酸味が少しずつ違い、「ブルーレイ」「マグノリア」「バークレイ」などを食べ比べた。


アス飯では、ブルーベリーのアントシアニン色素がロドプシンを活性化する点に注目。


相乗効果となる組み合わせには鉄、ビタミンB群など夏の救世主的存在のレバーをチョイス。


赤ワイン、ブルーベリー、高カカオチョコ。一見繋がりのないように見えるがフラボノイド系を多く含む食材として繋がる。


フラボノイドとはポリフェノールの一種で天然に存在する有機化合物群。「フラボ」は黄色という意味を持ちこの骨格を持つ化合物は黄色から淡褐色を呈す。同じフラボノイドでもアントシアニンは例外。鮮やかな赤や青を示す成分となる。


赤ワインやブルーベリーにはアントシアニン色素が、高カカオチョコは主にエピカテキン、カテキンなどのフラバノール(フラバン-3-オール)を豊富に含む。これらがローズマリーから発見された同じくポリフェノールの一種のロズマリン酸(スペアミント、紫蘇、バジル、タイム、レモンバームなど)と共に脳機能の健康を維持する役割として存在するため「ブレーンフード」(脳の強壮剤)としてレシピに組み込んだ。


#高山ガーデン

https://www.takayama-garden.com


出演者

山﨑英さん(63)

妻の加代さん(61)

次男の直さん(26)


#アス飯

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください