374f646a394ec2037b2cfadafe820100?1603821345
山瀬理恵子のアス飯®︎日記

ネロリと言います

2020/12/11 08:28


「新しく山瀬家にやって来てくれたワンコの名前は何ですか?」「犬種は何ですか?」というご質問を多数いただいています。



名前はネロリと言います🍊女の子です🐩これからどうぞ宜しくお願いします🐶🌸


犬種は結婚してから15年以上飼っていたダックスとチワワのミックス犬です。しかし、犬を飼おうとしていたわけでも、最初からミックス犬を探していたわけでもなく、ひょんなことから松山のペットショップにて、本当にたまたま出逢いました。



コロナ禍でプライベートは自宅に居ることが殆どの生活に一変した2020年。動物好きな我が家。癒されたい思いでのワンコ鑑賞のため、ふらりとペットショップに足を運んだのが8月の終わり頃だったかと思います。その時のネロリの第一印象はと言うと、皮膚、特にお腹周りにたくさんの湿疹が出来ており治療の真っ只中。頻繁に慣れない病院通いをしているからとのことで、顔の輪郭が見えなくなってしまうほど口元が常時小刻みに振動。ぶるぶると体全体を大きく震わせていた、笑顔の全く無い、非常に悲しい顔をしたとても弱々しそうなワンコでした。


自宅へ戻って暫く経った時「そう言えば、ぶるぶると震えていたあのワンコはちゃんと元気になったのだろうか?皮膚の湿疹は無事に治ったのかな?」という心配から始まって、それから無性に気になり出しました。再びペットショップへ足を運び、最終的に我が家に来ることが決まったという、そんな不思議なご縁のワンコです。


ネロリという名前の由来ですが、我が家に所以のあるものと言えば、現役生活を支えてくれている香り化学の世界の「アロマテラピー」です。夫から「アロマという名前はどうか?」と聞かれ、それも可愛らしかったのですが、その後「あなたがアロマテラピーを始めるきっかけとなったネロリ精油のネロリは?」と再び夫から尋ねられ、直ぐに「それだ!」となりました。最初はなかなか呼びにくい名前だったのですが、今ではすっかり「ネロリ」が板について来たように思います。



ネロリとはビターオレンジの花から水蒸気蒸留法、または溶剤抽出法によって得られる精油です。他の柑橘類の花から得られる精油と区別するため、フランス語でビターオレンジを意味するビラガーデがつけられ、ネロリビラガーデとも呼ばれます。


名前 ネロリ、Neroli

学名 Citrus aurantium

科名 ミカン科

抽出部位 花

抽出方法 水蒸気蒸留法、溶剤抽出法

ノート ミドルノート


香り

グリーンフローラル香気のリナロール、ローズ様フローラルノートのゲラニオール、シトロネロールに、セスキテルペン3級アルコールのネロリドールの安定感のあるフローラルノートが調和。更に窒素化合物のアンスラニル酸メチルが少量含まれ(ネロリのトップに感じる香り)花の香りに深みを与えています。



生理・心理的作用

抗うつ、抗不安、鎮痙(安心、回復、復活)


○オレンジフラワー

開花前のオレンジの花のつぼみを乾燥させたもので、風味の良い香りとわずかな苦味を持つ。新鮮なオレンジフラワーを蒸留して得た精油はネロリ油と呼ばれ、アロマテラピーや天然香料の分野で重要な位置を占める。また蒸留の際に生成する芳香蒸留水(オレンジフラワーウォーターまたはネロリウォーター)は化粧品原料としても用いられる。精油成分としては酢酸リナリルやリナロール、ネロール、リモネンの他に特徴成分としてアントラニル酸メチルを含みます。ドイツのコミッションEでは大人と子供を問わず神経トニックとして心因性の不眠などに茶剤(ハーブティー)として処方されるが、リンデン(西洋ボダイジュ)とのブレンドが特に有名。オレンジの花と葉はいずれも苦味フラボノイド配糖体のネオヘスペリジンやナリンギンなどを含むがその含有量は葉よりも花の方が圧倒的に多いためフラボノイド成分を摂取するには葉よりも花を用いることが大切。


○オレンジフラワーウォーター

溶存する精油の40%ほどを抗不安作用を持つリナロールが占める。動揺、不穏を沈める


○ネロリ精油

精神科領域では不眠、中途覚醒、早期覚醒などの抑うつ傾向にある人へローマンカモミールかネロリの好きな方を用いる。ネロリの場合、抑うつが強い傾向。沖縄月桃は不安や動揺に。悲しみや自信喪失にはローズ。慢性炎症を緩和するメカニズムが明らかになるに連れ植物美容と皮膚科領域をつなぐ 植物-皮膚科学に注目が集まる。ネロリ、ラベンダー、ローズやローマンカモミールは皮膚への直接的効果に加え嗅覚系を介した生理・心理効果が得られることが○ネロリやローズの希釈濃度は0.5%で。


チャクラ 第8チャクラ、第1,4,7チャクラ

色 マゼンタ、ピンク、パープル

星座 水瓶座


ここからはネロリ精油との出逢いを再掲します。


2005年7月頃より夫が椎間板ヘルニアを患いました。酷い痛み故に戦列を離れることになり、当時横浜F・マリノスの岡田武史監督とも話し合いの時間を持ちました。この時点で夫は既に前十字靭帯断裂など3度の全身麻酔による手術を終えた後のこと。岡田監督は、若いこれからの身体に対しメスを何度も入れるのは身体への大きな負荷だと危惧し、手術に待ったをかけて保存療法を推奨されました。



しかし、2006年4月10日の手術を決断するまで、サッカーどころか寝返りをうつことも、最終的には歩ことも困難に。生きていること自体が限界の痛みと痺れに。


岡田監督が働きかけ、全国各地、様々な治療院を回り、藁にもすがる思いで西洋、東洋、それこそ目には見えない遠隔治療だとか気功のようなものも、科学的、非科学的、ありとあらゆる治療法を試しましたが、日毎に症状は悪化していきます。もがき苦しむ夫の姿を目の当たりにしても、どうすることも出来ません。浮き彫りになるのは無力な自身の存在だけ。そんな中でも最後まで諦めず、何とかして良くなる方法はないかと模索し続け辿り着いたうちの1つに、アロマテラピーがあります。


出口の見えない不安。心身共にクタクタになりながらも、何とかしなければの必死さだけで動いていた時期。北海道の母からは、この先、歩けなくなくなるかもしれない功治君をあなたが養っていかなければならないかもしれない。心の準備をと言われ、色々を覚悟していました。この時点の目標は戦列復帰することではなく、極普通の日常の生活を取り戻すことだけ。


当時、横浜元町にあった生活の木。どこからともなく漂う香りにつられ、初めてふらりと店内に立ち寄り、生まれて初めて精油の香り(この時はネロリの香り)を嗅いだ時の衝撃を未だに忘れることが出来ません。


この状況を何とかしなければという気持ちとは全く別の方向で、突然、新しい世界がふってわいたような目覚めの感覚。この物体は一体なんなんだと猛烈に感動している自分がいました。苦しさの中で思いもよらず掴み得た、救いにも似たたった一つの光でした。(後に解剖学を学び、嗅覚は視覚や聴覚、触覚などの他の感覚器とは違い、原始的な特殊感覚であること。直接脳の中枢部である大脳辺縁系に届くのが最大の特徴で、本能的な欲求や情動、記憶と結びついていることを知ります)


椎間板ヘルニアの手術後、精油を使ったマッサージを独学、書籍片手に始めました。夫の感触が思いのほかよかったため、学校へ通い本格的にアロマテラピーの化学や施術技術を学び、更なる相乗効果を期待して経口摂取できる植物療法(野菜、果物、ハーブやスパイス)を徐々に生活の中に取り入れていったのが全ての始まりです。



ビターオレンジの枝と葉からはプチグレン、果皮からはビターオレンジの精油が取れます。ビターオレンジの木は10~11世紀にアラブ人からヨーロッパにもたらされました。その後、イタリアのアンナ・マリア妃がネロリの香りを愛用し、ヨーロッパでは純潔の象徴として愛されています。



ビターオレンジはミカン属の常緑樹、日本ではダイダイと呼ばれています。栽培に時間がかかり4年後くらいからでないと花を咲かせません。



ネロリ精油は鬱や不安、緊張などを和らげて心身の興奮と鎮静のバランスをとり、グラウンディングさせる時に用います。過敏な感受性や感情の不安定さで、気持ちを外に出せなかったり身動きできない時などにも。安心感を齎し感情を解放させてくれます。保湿効果が高く、細胞を活性化させるので、しわやたるみ、妊娠線にも効果的。



そんなこんなでネロリ精油のように、たくさんの人の不安や緊張を和らげ、癒しを与えてくれる存在になって欲しいと切に願っています🤱




ここからは余談です。


2020年12月22日に木星と土星が重なる「グレート・コンジャンクション」が水瓶座にて起こります。グレート・コンジャンクションは20年に一度起こる「時代の節目」。過去約200年間は、それがほぼ「地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)」で作られていたのが特徴。地の時代から風の時代である水瓶座にシフト、突入していきます。


水瓶座は平和と平等、自由と博愛の精神を象徴。物質的な金権主義、権力主義に終わりを告げ、人間性に基づいた時代へと大きく舵を切ると言われています。その水瓶座に対応する精油の代表がネロリ精油。


風の時代では経済的自立、精神的自立、家事や炊事など、自分の命や身の回りのことは自分でできるようにしておくことが大事と言われます。フットワークを軽くし、気になったら直ぐアクセス。そのときどきの「風に乗る」ような行動が○だとか。自分がトレンドとなり、ひとりひとりが面白いものを見つけてそれを独自にアレンジ。自分の言葉、自分の表現で個性を発揮。人を助けて、人をより良くしていく情報を惜しみなく与えることが活性化のポイントだそうです。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください