8a339aab9d3b83ce3db72e77e56755a6
山瀬理恵子のアス飯®︎日記

セージの花が咲きました

2018/05/01 10:43 くらし

バルコニーのレースラベンダー、フレンチラベンダー、セージの花が一斉に咲き始めています。



植物を学び始めたのは、夫が椎間板ヘルニアを患った2005年。他のアロマセラピストさんと学ぶ順番が異なっているのは、当時、夫の状態が、歩けなくなるまで悪化してしまったから。五里霧中。サッカーどころか、今後一生の生活がどうなるか分からないと言われていました。


これからは私が、夫の生活を支えなければならない。収入源を自分で得ていかなければと、とにかく必死でした。


北海道の実家で農業を営む母の強い勧めもあり、一気に、日本アロマ環境協会の指導者資格を取得。嗅覚から脳へのルート、植物や治癒の歴史、基材使用法、精油の抽出やプロフィール、解剖生理学などを学び、アロマテラピーの専属講師として、学校に常勤するつもりでいました。


1年後、夫の椎間板ヘルニアの手術が成功。何とか現場復帰が出来たので、そこからは、コンディションをサポートする為、日本スポーツアロマトレーナー協会にも所属。嗅覚を利用したアロマテラピーによるスポーツマッサージ施術技術・解剖学を神崎貴子先生から学びました。症例も相当数とったと思います。


その後、2008年から2010年にグリーフラスコの林真一郎先生の元、メディカルハーブ(植物化学成分・フィトケミカル)を本格的に掘り下げて学び、現在に至ります。


ハーブを自身で育て始めたのは2007年から。タッチング手技による心身のケアだけでなく、経口摂取との相乗効果を知り、毎日使い始めたこと。並行して学んでいた精油やハーブの化学構造が複雑且つスポーツ選手にはドーピングコントロール問題もあり、実際に育ててみないと正確に頭に落とし込めないと思ったのです。自分で育てた方が安い、早い、確実に入手出来るとも思いました。


始めのうちはカモミールやセントジョンズワートなど観賞用も育てていましたが、今はほぼ、料理に使ったり飲用ができるものに厳選しています。


セージ、ローズマリー、スープセロリ、タイム、イタリアンパセリ、コリアンダー、バジル、オレガノ、レモンバーム、ミントやフェンネルあたりが中心。ラベンダーだけは個人的に好きで育てています。


愛犬のルシアが亡くなってから、相棒のチトまで咳がとまらなくなり、ついには入院。チトも死んでしまうかもしれないと思って今日まで過ごしてきました。


つい先日まで、夜中も絶え間無くゴホゴホし続けていて、自宅に来てくれた方には相当なご心配をおかけしていましたが、4ヶ月目にして急に咳が出なくなったのです。


理由が全く分かりません。奇跡を見たような感覚でいます。



#食育インストラクター#フードコーディネーター#日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター#スポーツアロマトレーナー#日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト#アスリートフードマイスター#野菜ソムリエ#日本プロカウンセリング協会認定心理カウンセラー#日本総合プロフェッショナルケア協会認定薬膳スパイスアドバイザー#福岡#感謝#山瀬理恵子#山瀬功治#料理#京都新聞出版#アス飯#アスリート飯#アス飯レシピ#スポーツ栄養

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください