8a339aab9d3b83ce3db72e77e56755a6
山瀬理恵子のアス飯® (登録商標)日記

あれこれ

2017/03/10 00:07 朝ごはん 昼ごはん 晩ごはん くらし 家族 健康

行者にんにくの麻婆豆腐。合挽き肉で栄養を繋ぎ、最後にとろみを付けました。トマト(グルタミン酸)や舞茸(グアニル酸)が良い仕事しています。

行者にんにくは、山にこもる修験道の行者が食べたことから、これを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたという伝説が残るほど。

昔は一緒に暮らしていた父方の祖父(重太郎さん)が裏山からとってきたり、あちこちからおすそ分けいただいたりと、見慣れた食材でもありました。地元では「アイヌネギ」とも呼ばれます。従兄弟によると、浦幌町では今年、まだ見かけていないそう。


※3月11日追記

「夕方に一番日当たりの良い場所で行者にんにくを探してみたらぽちっと伸び始めていました。本格的なシーズンになるのはまだまだ先になりそう。」

※現在の地元の様子です

柳橋連合市場で手に入れたセリ。根三つ葉と一緒に白和えに。ナッツをトッピングし、甘みは黒糖を使いました。濃く深い味わいです。

明日は福岡で暮らしている地元の友人と太宰府天満宮へ行って来ます。遅咲きの梅が見られるそう( ◠‿◠ )


公式ホームページ

http://umeshu-matsuri.jp/fukuoka/


「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 

あるじなしとて春な忘れそ 」



下の画像は、昨年の今頃の北野天満宮。


今朝の汁物は鯛のアラで出汁をとって、菜の花はさっと蒸して。

麻の実トッピング。金時人参やフリルレタス、ハツカダイコンのサラダに入れました。酸はスダチを使っています。

ブリの照り焼きはかつお菜を添えて。個性豊かな食材ですが、からし菜のような味わいがする時も。デーツソースなど濃厚な甘みをさっと絡めたものとも相性が良いです。


納豆はおかのりを包丁でたたき、ネバネバ同士で混ぜました。中央は紫プチベール。アブラナ科の食材。芽キャベツとケールの交配だそう。味はブロッコリーに似ています。高い栄養価。

ディル、桜えび、八朔、アスパラ、しらす、スナップエンドウ、トマト、クルミなどと合わせた菜の花のヨーグルトソースも大変美味。


近所で、農家さんが作っている新鮮野菜が手に入ります。葉もしっかり付いているのがとても嬉しいです( ◠‿◠ )


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください